違法に営業する別れさせ屋の手口を知っておく必要がある

違法に営業する別れさせ屋に引っかからないためには、彼らの手口を知っておく必要があります。

彼らは手を変え品を変え、詐欺まがいの商売を続けていきます。

別れさせ屋への浮気調査や別れさせ工作の依頼はただでさえ安い買い物ではありません。

今回は、違法な手口で依頼人を騙す別れさせ屋を見抜くために、別れさせ屋の手口についてお話します。

 

違法に営業する別れさせ屋は、二つの店舗を掛け持ちする

違法に営業する別れさせ屋は、二つの店舗を掛け持ちする

こんな事例があります。

ある依頼人が、「旦那と浮気相手を別れさせてほしい。きちんと旦那と復縁したい。」と別れさせ屋に依頼しに行きました。そこで、その依頼人は別れさせ屋にひどいサービスを受けます。言葉遣いも悪く、別れさせ工作の詳細の説明もしてくれない別れさせ屋に不安を感じ依頼人は徐々にその別れさせ屋を信用してもいいものか悩み始めました。

そこで、その別れさせ屋は、非常に高額な料金を依頼人に請求しだしました。さすがにこの別れさせ屋は怪しいと感じた依頼人は、その別れさせ屋と契約をするのをやめました。そして別れさせ屋から帰り際、スタッフから近所で評判の別れさせ屋を紹介してもらったのです。

依頼人は、「あの別れさせ屋が紹介するところだからどうせロクなところじゃないんだろうな」と考えながら、紹介された別れさせ屋に行きました。

しかし、紹介された別れさせ屋の対応は非常に良かったのです。紳士的に対応してもらった依頼人は、前の別れさせ屋とのギャップもあり、この別れさせ屋にしようと即決しました。

その後、その依頼人は詐欺の被害に遭います。2件目に行った別れさせ屋は、契約時に料金の詳細の説明をせずに、後から高額の料金を請求するところだったのです。

そして、あとから調べたところ、最初の別れさせ屋と2件目の別れさせ屋はグルであったことが分かり、一件目の別れさせ屋があえてひどい対応をすることによって、2件目の別れさせ屋に誘導するというのが彼らの手口なのです。一見目にひどい対応をすることにより、2件目に感じの良い対応を受けると、依頼人のガードが緩くなってしまうのです。

このように、違法に営業している別れさせ屋の中には、複数の店舗を運営することによって依頼人を騙し、契約の際に即決させるという手口を使うところもあります。

違法に営業する別れさせ屋は、依頼者の心理の痛いところを突く

違法に営業する別れさせ屋は、依頼者の心理の痛いところを突く

違法に営業する別れさせ屋は、依頼者の心理の痛いところをついてお金をだまし取る手口を使うところがあります。

過去にこういった事例がありました。

ある別れさせ屋の元に、「旦那が浮気をしているから浮気相手と別れさせてほしい」という依頼が来ました。

その別れさせ屋は、当初格安の価格で依頼料金を提示したので、依頼人は契約をすることを決めました。

そして、別れさせ屋に依頼をしてから1か月後に、依頼人の元に別れさせ屋から「別れさせ工作に失敗しました。あと一か月あれば、成功し、別れさせることができると思います。延長料金は40万円かかりますが、どうしますか?」という連絡がかかってきました。

別れさせ屋に依頼する人というのは、結婚相手の浮気に悩んでいたりして、追い込まれて冷静な判断をできない人が多くいます。ここで、こういったことを言われてしまうと、浮気をやめさせたい一心から延長料金を払ってしまう依頼人は意外と多いのです。

しかし、そういった別れさせ屋は実際に別れさせ工作をまじめにやっていることはありません。たいていは、アルバイトなどを雇って架空の請求書を作成し、あたかも別れさせ工作を行っているかのように装っているのです。

このように違法な手口を使っている別れさせ屋は、一度手口に引っかかってくれる依頼人を見つけたら、その依頼者から料金を取れるだけ取ります。

「あと一ヶ月延長できれば成功できます。」という魔法の言葉で、何度も延長料金を請求するのです。

別れさせ屋に依頼をするときは、わらにもすがる思いの方も多いかもしれませんが、こういったことを言って延長料金を請求してくる別れさせ屋には十分注意してください。

違法な別れさせ屋から詐欺被害に遭ってもなかなか訴訟に至らない理由

このように、違法な別れさせ屋による詐欺被害に遭っても、泣き寝入りをしてしまう人が多いのです。

自分の結婚相手が不倫をしていて、その夫婦間の問題を自分で解決できずに別れさせ屋に依頼したということを誰にもばれたくないという人は意外と多いようで、詐欺被害に遭っても他人に口外できないようなのです。

違法な別れさせ屋によって詐欺被害に遭ったことを公表しなければ、どんどん被害者は増えていくばかりです。もし別れさせ屋に被害に遭った場合は、訴訟するしないにかかわらず、警察や弁護士に相談するようにしましょう。

違法な別れさせ屋の手口は、年々巧妙になってきています。今回お話しした以外の方法を用いている業者もいるでしょう。しかし、覚えておいてほしいのは、ほとんどの別れさせ屋は法律を遵守して真面目に営業しているということです。

別れさせ屋を名乗る違法な詐欺グループの手口は年々巧妙になっています。
彼らは、時に複数の店舗をもち、その中で依頼者をたらい回しにすることによって、詐欺を働くことがあります。
また、「あと一ヶ月あれば成功できます。」と依頼者に伝えることによって、延長料金を不当に請求する詐欺グループも中に入るようです。